2010年04月26日

【おわた】

トーナメント。まけたー。だが実は僕もJUNIORもサテライトうっかり獲ってバイインの12%で出れてる。まじついた。



もうひとつ良かったのは、うちのJUNIORが好結果を残せたこと。彼も一時期ポーカーに行き詰まり、悩んでいたことがあった。トーナメントは負けていく人と、勝ち残る人がリアルに数字で見えるから…敗者の上にしか勝者がいないことを再確認するいい機会であった。勝たなきゃ意味ないから。


『ライブトーナメントは人生単位で見ないと収束などしない』と僕は考えてる。何度か好成績を収めたところでそれはグッドプレーヤーの証明にはとてもじゃないがならない。同じく逆もで、仮に今回アイビーが出てたとして250人中70位だったとしても【250人中の上から70番目のプレーヤー】とはなり得ない。うん、わかりやすい(微笑)。



しかし今回に限りJUNIORは、ちょいちょい見ててもバランスの良いプレーをし続けているように感じた。そして彼が一番プレーヤーとして成長したのが、マナー。というよりその人間の辛抱強さか。



彼は80:20や92:8が負けたところで何事も無かったように席を立つことがすでに出来る。『good luck』という言葉だけを残して。



トーナメントの負け方など考えようによってはほとんどが『ありえないこと』かもしれない。だが実際はプリフロップオールインにドローイングデッドなど存在する訳は無く、すべて同条件の下すべてのプレーヤーはプレーしている。


だからたとえガン萎えしてたとしても『私はこんなに正しいプレーをしたのに馬鹿がコールしてきて…』といったお決まりの文句はもうやめにしたい(笑)。少なくとも僕の身近な人たちとは。



本当に力があるならばぐずぐずしてないで勝ち続ければ良いのだ。力がないならば『及ばない何か』を突き止め研究しスキルアップすればよい。



自分を正当化する自分は弱者であり、相手を正当化する自分は強い。



頻繁に出るわけではないが、たまにいつもと違う環境でプレーすると今まで気づかなかった事を気づくきっかけになる。これは重要なこっちゃ。



トーナメントは負けたが、キャッシュゲームは期待値MAX。やり方わかんない人とかもぶっつけ本番でやってたりするから(笑)。




あとマカオに遊びに来てる子が、絵を描いてくれた。僕の一番好きな『マカオとグランドリスボア』の絵。久々に感動した。



see u later!!!


posted by “KEN” ken yagura at 05:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。