2010年04月09日

【jump to conclusions】

『早とちり』。色んなことでやっちゃうでしょ。



僕のはずい経験を紹介するなら、【犬の件】だ。あれはたしか19歳の夏だた…。挫折し、東京で一花咲かせようと決心。新しい生活が始まったばかりだた。


僕には当時、名古屋から一緒に出てきてくれた彼女と…あと犬がいた。名前は『スティンガー』だったと思う。かっこいい。



夕方、普通に家に帰ると家の中からキャンキャン言ってる。かっこいい。



ドアを開けると犬がいた。血だらけで。布団もカーペットもだ。頭の中が真っ白になた。だがすぐに我に返り考える。【どうやってやられたのか?自爆なのか?】と。




僕は何かの予告か、もしくは報復と見てすぐ動く。


■彼女に電話…事情を説明し、危険な恐れあり。帰ってくるなと。

■包丁を持って全体が見えるポイントで待機。






しかし僕はある事に気がついた。【治療が先やんか】。




慌てて病院に連れて行こうとするが、どこに連れてっていいか氏らね。また女に電話。



『病院調べるからあんたはどういう状態か見て!!』かなりピリピリしてる。そりゃそうだ、心配でならないだろう。



僕が犬の出血の主な原因となる箇所をついに見つけ報告する!








彼女『それ生理』




むむ。まあ大事に至らなくてよかた。と思いたい!うん。




真面目に【闇の組織】ってのはすげえやばい所から攻めてくる。とか思ってびびってた。完全にVシネの見すぎ。




次に知人の話。


最近彼女の子供が誕生日をむかえた。7歳になったらしい。子供の成長を肌で感じていると幸せを感じるのだろう。



珍しく子供のお祝いにビュッフェ形式のお店に連れて行ってあげた。



店員『お子さんおいくつですか?』



彼女『■■日で7歳になったんです!』



店員『では1480円ですね』




料金表を見ると…6歳まで無料と。ヌルすぎる早とちり。取り戻せない『何日で何歳になった』という過去形の説明文。






まあポーカーでよくあるのがオーバーペアが相手に『ツーペア』と言われてマック(降りてカードを捨てる)した後にボード上でペアが出来てることに気づくバージョン。



こういうのは『早とちり』というか『ボーンヘッド』とでも言ったほうがいいんだろうが。どっちにしても【生理でよかた】という安堵の表情にならないのは間違いない。




see u later!!




posted by “KEN” ken yagura at 09:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。