2010年03月13日

【r u liar?】

100313_121735.jpg哀しくも…サブタイトル『人は必ず嘘をつく』に同意見の僕は、一年前この本を買ったんです。




内容はというと、まあまあ。そう思うよって思う事がいろいろと書いてある。




嘘の定義は【真実とは異なる偽りの言動、証言】かな。



何となしに人生を振り返ると、大人になるにつれ嘘をつかなくなってる。僕は。



おそらくは余裕の量が足りてる状態では嘘は必要ないんじゃないかな。反対に足りてないと嘘をつくねw




ギャンブルと麻薬は同じようなもの。中毒性が強く、並の精神力では止められない。断言できる理由には、たくさんの中毒者を見てきたから。



以前東京でめちゃ仲が良かった友達が…実は麻薬中毒だった。



彼は半年程の付き合いで正体をあらわにしたが、いつも何かに脅えているようだったのを思い出す。




一緒にやろうとガン押してくるし、怖いし…。



やはり当時の自分は人の分まで気配りが出来ないというか、その子を大切に思ってなかったのか…やめるように説得することはなかった。ただ怖いというか、苦手な雰囲気になり遠ざかるだけ。



やはり彼も麻薬をやりたいが為に様々な嘘をついた。自分では良くない事だと【周りが思っちゃうコト】を理解しているが、自分はそれでもやりたい。どうせ本心をぶちまけても分かってもらえない。でも誰かには分かってほしい…みたいな感じだったんだろう。




ギャンブルも同じ。むこうが商売でやってる以上ハウスエッジが存在し、勝てない。



が、確率上『勝てるセッション』がやってくる。それが問題だ。



パチンコや競馬、バカラ…。playerのskillが介入する余地は【あまりにも無さすぎる】。雑誌等によるデータ収集の持つ意味はさほどなく、自称パチプロ・馬券予想師の殆どは、かけそばをすすり、日夜情報収集に明け暮れる。



そして確率が収束し、借金が残る。これは僕の中で既にパターン化していて、決して例外的に紹介しているのではない。



もちろん短い人生の中で、ずっと勝っている人もいるだろうが…それも確率上起こらなければならない現象だ。千人のplayerがいて2人だけ今だに勝ててる。別に驚くことでもない。しかし『ゴト行為』を用いてない限り、この先もそのまま勝ち続けるというのは考え難い。



次に最大の関門、『バカラ』



僕の人生で出会った、たくさんのオモロイひとが【地獄に堕ちた】。覚せい剤の中毒者のような言動を誘発し、周りの人間に嘘をつく。




『あんなクソゲー、二度とやらない』や『もし俺がカジノに行ったらその場で殺してくれ』…。これは実際に僕が仲の良い人間に言われた言葉。



この言葉、全てが『嘘』ではないことは…めちゃめちゃ分かってる。彼らは止めたいのだ。これからおとずれる【破滅】が怖く、救ってほしいとすがる。



がそれと同時に彼らは、ひどく悔しいのだ。『負けたまま終われるか』の気持ちも大きいのです。




ハウスエッジが1.25%。500万持って行った人が、勝ったり負けたりを繰り返します(勝率50%)。



10万ベットする毎に1250円負ける計算になり、その日のtotalベット額が2000万だと仮定すると…




2000万×0.0125


▼25万!!





100日通うと2500万確実に負けるし、当然引き返すことは出来ない。




400日通うと一億の大台に乗り、バカラ中毒患者にはお馴染みの『負け自慢』が行われる。



A『おはようございますぅ。調子どうすか?社長。』


B『いやぁー、昨日は1200走りましたよ。もう我々も止めなきゃいかんですね?社長』




A『いやね、僕も真剣にそう思ってるんですわ。会社の金ツマムわけにゃいかんですよって…。明日はがんばります!』



B『社長なら大丈夫ですわ。力強いから!どうですか、会議も兼ねて飲みに六本木にでも出てから勝負行きますか?!』


A『おっ、いいですね。そうしましょう!』









もうやり取りする金額が、自分の領域を通り過ぎてて二人とも訳分かってない。不安だから他に自分と照らし合わす対象がいることに安堵感を感じる。バカラをやることにより、それに伴うプライベートの経費額?もアップする。




当blogはpoker blogなのだが、僕は最近何回もバカラplayerに否定的な発言を繰り返している。



それというのも、こともあろうに僕の大親友が当の【バカラ中毒】になってしまってるからなのです…。



きっと彼は僕のblogは見てくれてるし、自分自身でも分かってる。彼的にも、何とかして止めたいと思っていると思う。しかし電話で何回も『またやっちゃった…』と聞く度に、なんとなく切なくなる。




僕から言いたい事!



嫁がいるとか子供がいるとかそんな細かい事は気にしなくていい(嫁さん、ごめん!)。要は、金の使い方がヘタイ!



そんなヘタイとbig nameには絶対なれないよ。



どうせ君はバカラを止めたところで嫁さんや家族には何かしらで迷惑かけるでしょ?(人の本質は変わりません)



今までの損失分は悔しいのは理解出来ます。だがこれから先、僕らが一緒にやれる事があるやん?なんか探せばあるしょ。今はまだタイミングの問題でしかないことが…このままではいずれお金の問題になるはずだ!




人を否定できるような人生を送っていない自分が、堂々と否定できる相手は君ぐらいです(笑)。




【人は必ず嘘をつく】



でも俺には嘘つかないで下さい。苦しい時は踏ん張って、残り少ない人生を共に歩きませんか?。



see u later..
posted by “KEN” ken yagura at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。