2009年11月30日

【run out of seven-star】

タバコが尽きた…。高校までは自分の部屋では友達にタバコを吸わせないクリーンな奴だったのに。



ムリにマルボロとかいうまずいタバコを吸わなければいけない今、精神力が持つかどうかが心配だ。タマゴボーロでもチュウチュウ吸ってた方がまだましである。



【high-light】

NLH 20-40 9players COにて『AQos』 i have 20000


前の奴全員 fold

i raise 200

DP call

SB call

BB call

4players


flop【A67】ハート2枚

SB(残り1000) bet 900

BB(残り25000) call

i just call

DP fold


pot 3500



turn【A678】ハート抜ける



SB all-in 1000

BB call

i just call…




何故just call なの?と思われるかもだが、ここはフロップもターンもレイズしない。勝ってる確率50%くらいだと思ってる。



だから相手からベットされた場合はレイズをしない。相手にまたアクションできる機会を与えない。



【問題】ここでリバーでもう一枚カードがでるが、僕にとってとても良いカードが2種類ある。それは何でしょう?













【答】
Qと8。Qは当たり前だが8もまあ当たり前。


結局このpotは取ったのだが、ディープスタック同士でぶつかる時は勝ってるのがほぼ明らかな時(セット・ナッツフラッシュ&ストレート)に大きめのレイズをしたい。またそれはドローの時でも良い。




とにかくAKなどのトップペアになりやすいハンドでの『オーバープレー』は自分のスタックを大きく減らしがちなのだ。それはバッドビートでも何でもなく、ただのワンペアで押してる自分に問題があったのだ。と解釈すべきだ。



see u later!
posted by “KEN” ken yagura at 14:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。