2009年03月26日

i feel something.

いまさら自己紹介。

ご存知の通り?!僕はPOKERと麻雀を本格的にやってる。

favorite…Texas hold'em poker. mahjong. sports.
dislike…mafia. gangster. high-class restaurant. soybeans. passive thinking.


仲良くない人に、仕事は?と聞かれると、「自営」とカッコつけていっているが、自分では何が本当に自分の「仕事」なのかわかっていません。


僕にはずっと悩んでいたことがあります。この機会に是非そこのあなたに聞いていただきたい。


それは仕事のこと。

僕が異常に興味を示す職種というのは少し変わったものだった。

変わったもの…。問題はそこじゃない。

「社会的貢献」という観点からみると非常に程度の低い職種ばかりだった。



間違っても裕福でない家庭で育ち、類い稀な才能や恵まれた体格を持っているわけでもない。僕はただの大バカヤローだ。

母親の口からは「大きな普通の会社に入りなさい」か「公務員が一番安心」しか出てこない。

彼女から「会社に就職してほしい」と言われたこともあった。



それでも僕は自分の気持ちが譲れず、やりたい仕事だけやって生きてきて…。

心の中では、「僕の仕事は何の為にある?」「そんなに必要なものなのか?」「誰に必要とされてるんだ?」とかずっと思って、たとえ満足いくお金を稼いでも、自分の中では回りの大切な人に対しての罪悪感や、それによって感じる非充実感で埋め尽くされていた。


今回、僕は一つ脱皮した。

とことんやるのだ。


誠実ではない、辛い仕事でもない、人の命を救う仕事でもない。

でも誠実な仕事や、命を救う仕事だけが、胸を張ってできる仕事なのではない。


僕は自分の仕事を更に研究し、もっと必要とされるようにしていく自信が少しはあります。


プロ野球選手の中には「俺は何の為、誰の為にこの仕事をしているんだ」と思っている人が絶対いる(と思う!!)


社会の歯車になれているのか?

なんて問い掛けは一切要らないのさ。


人は千差万別。


その人にしか出来ないことがあり、ずっと追求すれば時に誰かの感動をよぶこともある。



今まで視点ズレてたんだ、僕は。


プロのアスリートに教えてもらった気がするんだ。


社会貢献度だけで、仕事の善し悪しを計るのは納得できない。しない。



悟った。今からは胸を張るぜo(^-^)o



「sports & amusement」


これが僕の追求したいもの100%だ。


よし。晴れたぞ

have a nice day!
posted by “KEN” ken yagura at 06:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。