2009年03月07日

東京砂漠〜

090208_191509.jpg自分は19歳で東京に出ました。


そして仕事を始めるのです。人に自慢できるようなことはなにもしていなかったけどね。




んで毎日仕事、麻雀の繰り返しなんだけど、その中で多くの人と知り合う。



自分は酒も好きじゃないし、新しく出会った人と深く付き合うのが苦手…。




しかし、運命的?な出会いをする(雀荘にてw)



彼はTZ氏という。


「氏」をつけるとなんかウケル… タイプではある。



自分は彼と会ったその日にピンと感じたんだ!スケールの大きさを!



そしてそれからというもの、よなよな遊び歩いたさ!



その我が道を歩くstyleは僕が幼くして思い描いていた理想的人生。はちゃめちゃで豪快な人生を生き抜ける!



彼はよく「○ビャクマンぐらいじゃね」とか「○ゼンマンぐらいだよ」とか「○オクするんじゃん」だとか言っている。




大人になると自分をどうにか大きく見せようとして時にビックマウスを叩いてしまうことがある。



しかしながら彼はすでにスケールが大きいので言っている事のすべてがビックマウスに聞こえがちなんだけど…等身大なんだ。



お金の話だけで彼がどれだけスケールのでかい青年なのか語るのは失礼なはなしなのだが。



とにかく金遣いが鬼の如く荒く、どこか乱暴に見えがちな態度なのだが実は紳士的で、妻の言い付けは守る(半分くらい)



自分とタメで(学年でいうと1つ上)身近にいる人で初めてコイツは凄いなと思わせられるnice guyなんです。



しかし自分は自分のステージで、センスあり笑いあり努力あり後悔ナッシングの行き方を続けることができれば、また僕も彼とはひと味違ったヘンタイになり、でもって同じ目線で会話をすることができるのだろう…と今日ふと考えてたw。



家がないのでネット難民として堂々と生きているやぐらでしたw

(だれか僕を泊めましょう)
posted by “KEN” ken yagura at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。